住まいの環境づくり

工夫した住まいを作る

トップ / 工夫した住まいを作る

住まいの購入に関する情報

住まいの工夫とは何があるか

住まいの工夫には、まず安全性が考慮されなくてはなりません。急な階段や滑りやすい踏面などは滑り止めや安全な手摺を付けることが望まれます。部屋数が少ないとか面積が取れないときはロフトを設けるという方法もあります。夏の暑さに関しては軒の出を普通より多く出したり、小庇を付けてそこに外側からルーバーや固定式ブラインドを付けることでしのぎやすくなるものです。風や台風もあるので葦を外側に吊るすのは実用的ではないと考えられます。隣家が迫る住まいの場合には方形屋根にしてトップライトを設けるとか、中庭を設けることで光を取り入れることができます。住まいの工夫次第で便利になるものです。

良い住まいには良い工夫あり

住まいには、人それぞれ良いも悪いも感じ方が違うのは当然の事であり、良くするのも悪くするのもその本人や家族次第なのです。それでは、良い家とはどうやって手に入れるものなのでしょうか。それは、やはり工夫が必要なのです。例えば、家族で共有するスペースがあり、そこで会話が持てないとなれば、会話が生まれる様にしていく事が大事なのです。方法としては、ダイニングやリビングで全員が1日の出来事を話す、また、困った事や悩み事なども全員で話をする、これだけで捉え方が全然違って来るのです。ですから、本人や家族の工夫次第で良いも悪いも創れてしまうので、家族全員で良い住まい環境を築き上げてゆきましょう。